<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

気持ち新たに

豊川市音羽の正法寺さんにて

あけましておめでとうございます。
毎年のことですが、お参りに正法寺さんにやってきました。
うちはそこの檀家なのですが、そこでお経を読んで、住職さんのお話を聴いて1年がスタートします。

【当たり前にある時、頂いている世界は見えてこない】
この世は道理のとおりに動いているが、欲深い私たちは、思い通りに動いてほしいのが普通です。
つまり、その道理との差が、思い通りにならない苦であり、お釈迦様は「人生は苦である」と」言っているのです。
しかし、その苦があるからこそ人生はきっと満ちているものになると思います。苦しいことがあるからこそ人は頑張れるのです。

マラソンの監督などをした小出義雄氏。有森裕子氏に伝えた言葉で
「苦境にたったときには、『せっかく』という言葉をつけよう」という印象的な言葉があります。
ex.せっかく怪我をして時間があるのだから、その時に出来ることをしよう。

話の最後に、正法寺さんの前住職が残した言葉の紹介がありました。
「人生は苦なりとは、何と明るい言葉であろうか。人生は孤独なりとは、何と力強い言葉であろうか」

私は、この1年苦境に立つことも多いと思います。しかし、その苦境を全力で頑張って楽しみたいと思います。そして今年末には、必ず最高の1年だったと言ってみせます。

専務取締役 山本一隆
[PR]

by azuma-fudousan | 2015-01-01 10:00 | プライベートな出来事